ホーム > 教育体制

教育体制

教育理念

看護部理念に基づき、専門職業人として個々の能力を十分に発揮し、自己成長できる看護師を育成する

教育目的

患者様の尊厳を守り、専門職業人として主体的自律的な行動をとり、安全で安心できる質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する

教育目標

1.組織の一員として立場と役割を理解し、責任ある行動がとれる
2.医療チームの一員として主体的かつ適正な行動がとれる
3.マネジメント能力を身につけ、対象に応じた看護実践が展開できる
4.看護職として職業観・倫理観を培い、満足感を得られる
5.教育や研究に関心を持って看護場面に関わり、自己成長し続ける

年間教育計画

研修内容
研修目的 対象者
【4月開催】
新入職者オリエンテーション
東海病院の職員としての自覚を促し、組織の一員として必要な知識・技術・態度を学ぶ

新入職者

1年未満中途採用者
【4月開催】
BLS-AED講習会
BLS-AEDトレーニングの実技を学ぶ

新入職者

中途採用者で未研修者
【4月開催】
BLS -CPRテスト
心肺蘇生人形を用い、実技を学ぶ

新入職者

中途採用者で未研修者
【4月開催】
全体集会
前年度の振り返り、今年度の方針、看護部の運営を知る
全看護職員
【11月開催】
心電図について
1)心電図の基本的知識を理解し、不整脈の判断ができる
2)心電図モニターの波形から、正常・異常の判断ができ、観察ポイントがわかる
全看護職員
【年1回開催】
レスピレーターの使い方
サヴィーナのしくみ、操作・初期設定を学び、実践に役立てる
全看護職員
【年2回開催】
医療安全講演会

全看護職員

【年2回開催】
医療ガス保安管理研修会
全看護職員
【年2回開催】
感染対策委員会主催研修

全看護職員

【随時開催】
褥瘡対策委員会主催研修

全看護職員

【1月〜7月勉強会、11月研究発表会】
看護研究委員会の研究に関する活動
研究方法を学び、日常業務の中で研究的態度を培い、その成果を看護研究に表わす

各部署研究グループ

全看護職員
【年3回開催】
マナー研修
医療人として必要なマナーを身につける
全看護職員
【7月、11月開催】
看護補助者研修

看護補助者

      

継続教育について

1.ラダーを使用してキャリアアップのサポートをします
全国33病院が共通で開発したKKRキャリアラダーと日本看護協会(JNA)クリニカルラダーをもとに開発した東海病院のラダーを使用し、個々の看護師としての成長をサポートしています。


2.オンデマンド研修による自己学習のサポート
学研ナーシングサポート、ナーシングメソットの使用ができます。職場や自宅で空き時間を利用して、学習をしたり看護手順の確認をしたりできます。新入職の方はもちろん産休育休中の方も含めて、看護職全員が利用でき好きな時に学べる環境を作っています。また、視聴をラダーの認定条件にも利用しています。


3.愛知県看護協会主催の研修参加
年度計画されている愛知県看護協会での研修参加を推奨し、参加費用の一部を負担しています。


4.その他教育機関の研修参加
愛知県研修会、名古屋市研修会、国家公務員共済組合連合会本部研修会等。
月単位でおこなわれる臨地実習指導者研修や認定看護管理者研修にも参加しています。


5.共済医学会への参加および研究発表
1年に1回、全国33病院が参加し学会が行われます。学会の参加や演題発表の機会もあります。


6.資格取得支援
日本看護協会には、特定の看護分野において、熟練した看護技術及び知識を用いて、水準の高い看護実践を行うために認定看護師資格があります。資格取得のための支援制度があります。(制度利用には規定があります)





ページの一番上へ